初めてゴーストを作り、公開するまでの手順をまとめたマニュアルです。
テンプレートゴーストであるポストと狛犬をベースに解説しています。
絵が描けなくても大丈夫。 自由に使えるゴースト用の画像セットがフリーシェルwikiにまとめられています。

作成中、引っかかった部分があれば、wiki内検索を使ってみてください。



ゴースト作成

習うより慣れろで、まずは作ってみましょう。
最初に、本体であるSSPをダウンロード、起動してポストと狛犬に切り替えてみましょう。
デフォルトゴーストであるエミリが起動したら、ポストと狛犬のnarファイルを渡す(ドラッグ&ドロップ)とインストールされます。
その後、エミリが切り替えるか聞いてくるので、ポストと狛犬を起動してみましょう。
通常はエミリを右クリック(タッチパネルなら長押し)→表示されたメニューのゴースト切り替え(G)(上から4つめのブロック)から目当てのゴーストを選択します。

喋る内容は、ghost/masterフォルダのファイル(dic〜〜.txt)を修正します。
ポストと狛犬を参考にしてみてください。

喋る内容の設定

  • ゴースト3分クッキング
    • ともかくまずは動かしてみるための手順。
      辞書を最小単位まで削ってゴーストを動かしてみます。
  • 少し詳しい調理方法
    • 里々で記述する際の詳しい解説などがあります。
      テンプレートゴーストの中身を見ながらだとより理解が深まるでしょう。

見た目の設定

絵を用意したり、使いたいフリーシェルが決まったら、見た目の設定をします。
シェルの中には、特に何も設定せずとも使えるように、シェル作者さんが設定ファイルを作ってくれているものもあります。

シェルの内容は、shell/masterフォルダを修正します。
画像ファイルを用意し、設定ファイル(descript.txtとsurfaces.txt)を作成します。
SWポストと狛犬には上記の設定ファイルの解説もついている(ファイル内にコメントがあります)ので、改変して作ると簡単です。

  • UKADOC Project シェル設定>
    • SSP仕様書。
      ここに出来ることは全て書いてありますが、最初はちんぷんかんぷんかもしれません。
  • 伺かのシェルの作り方
    • 外部サイト。
      SWポストと狛犬及びUKADOCで十分ですが、1から順に解説が欲しい場合は参照してみてください。

ゴースト公開

完成したら、公開してみましょう。
テンプレートゴーストをベースにしている場合は以下の手順で公開用ファイルを作れます。

  1. SSPを終了させ、以下のフォルダを中身ごと削除
    • ghost/master/profileフォルダ
    • shell/master/profileフォルダ
  2. ゴーストフォルダをzip圧縮
  3. 出来た「[フォルダ名].zip」を「[好きな名前].nar」に変更
    • 拡張子表示設定が必要です。
      上記はwin7までの対応ですが、win10まで同じ手順で表示出来ます。
  4. アップローダなどに置いてアドレスを公開

これで作成したゴーストを公開することができます!
しかしこれだけでは誰も完成したことを知りません。
現状、最大のポータルサイトであるdisc-2などで宣伝しましょう。

ただ、この方法だとバグがあった場合や、新たにトークを足した場合などは再度narファイルを作り、ユーザにインストールしてもらわなければなりません。
SSPには、オンラインアップデートする方法が基本機能として存在します。

ゴーストを起動しているユーザに対し、オンラインアップデートで最新バージョンを提供することが出来ます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-23 (水) 00:27:01 (93d)