$BalloonOffset○

バルーン位置を補正し、設定した値だけずらします。
○はスコープID番号、¥0側は0、¥1側は1になります。
0と1両方とも指定されていないと動きません。

使い方

設定値は全て半角で記述し、半角カンマ区切りの半角数字2つを指定します。
カンマの左側がX(左右に関する補正)、右側がY(上下に関する補正)の値です。

$BalloonOffset0【タブ】10,-50
$BalloonOffset1【タブ】20,35

値が一度セットされるとずっと有効になります。
デフォルトに戻したい場合は、どこかで以下を実行して変数を削除します。

$BalloonOffset0【タブ】
$BalloonOffset1【タブ】

解説

セットした瞬間にバルーン位置が調整されるわけではないことに注意してください。
セットした次のトークから有効になります。
起動時のトークから調整したいのであれば、satori_conf.txtの「*初期化」内で指定すると良いでしょう。

設定した値は、今までバルーンが設定されていた位置からの相対的な位置になります。
Xの値(カンマ区切りの左側)がマイナスなら左へ、プラスなら右へずれます。
Yの値(カンマ区切りの左側)がマイナスなら上へ、プラスなら下へずれます。
別キャラモードなどでシェルのサイズが変わるなど、特定の期間だけ位置を調整したい場合などに使えるでしょう。

補足

以下は「ポストと狛犬」や「ゴーストキット」などのテンプレートゴーストの改変で作る場合は特に意識する必要はありません。
有効になる条件の詳細は、以下の全てを満たした場合のみです。

  • BalloonOffset0とBalloonOffset1が両方有効な値がセットされていること
  • Onで始まるリクエストへの返答であること
  • 文であること(*で始まる)
  • トークの内容が存在すること

本来はシェルやゴーストのdescript.txtで書かれているsakura.balloonoffset.xなどの内容を上書きします。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-31 (火) 06:34:07 (24d)