ファイル構成。
ゴースト「ポストと狛犬」に入ってたり入ってなかったりするファイル。
記述方法や解説は、「SWポストと狛犬」のファイルを読んでみてください。
詳しい解説や仕様はUKADOC projectにあります。 基本ルールでもあります。




ファイル構成一覧

C:\Program Files\ssp\ghost\○○
│  readme.txt
│  install.txt                   【narアーカイブファイル内には必須】
│  thumbnail.png
│  developer_options.txt 
│  delete.txt 
│  update2.dau                   【ネットワーク更新でサーバーに必須】
├─ghost
│  └─master
│      │  descript.txt          【必須】
│      │  ○○.ico
│      │  dic○○.txt
│      │  replace.txt
│      │  replace_after.txt
│      │  satori.dll            【必須】
│      │  satori_conf.txt
│      │  satori_license.txt    【必須】
│      │  satori_savebackup.txt 【自動生成、配布時削除】
│      │  satori_savedata.txt   【自動生成、配布時削除】
│      │  satorite.exe          【テスト用、配布時削除】
│      │  satorite.dat          【テスト用、配布時削除】
│      │  satorite.txt          【テスト用、配布時削除】
│      │  れしば.exe            【テスト用、配布時削除】
│      │  れしば.txt            【テスト用、配布時削除】
│      ├─saori
│      │      fill_desktop.dll  【サンプル(SAORI)】
│      │      ssu.dll
│      ├─another               【サンプル(辞書フォルダ変更)】
│      ├─profile               【自動生成、配布時削除】
│      └─var                   【自動生成、配布時削除】
└─shell
     ├─master
     │     descript.txt
     │     surface○○.png
     │     surfaces.txt
     └─profile                  【自動生成、配布時削除】

代表的な物だけです。

  • フォルダ名は半角英数推奨。
  • 起動可能最小ファイル構成は descript.txt, satori.dll, surface0.png だけです...意味は無いですが。

詳しく→Ukadoc ゴーストの構成 (一般的ゴーストの構成です、ここのshiori.dllが里々使用ゴーストではsatori.dllになります)

ベースウェア共通ファイル

里々にかかわらず、ほぼ全てのゴーストに共通する、伺か・ベースウェア仕様のファイルです。
詳しい機能記述・詳細を知りたい方は外部の仕様サイトを参照してください。

readme.txt

そのゴーストの説明や作者からの注意書きなどを書いておくファイル。
必須ではありませんが、あればゴーストがインストールされた時に自動的に開かれるので、注意書きなどを書いておけばユーザの目に留まりやすくなります。
配布者や配布元など明記するのが一般的。

install.txt

インストール情報を記述するファイル。
インストール用 narアーカイブファイル内には必須です。

  • SSPで narファイルを作成した場合、このファイルが無い場合は自動作成してくれます。
  • ベースウェアにインストールを正しく進めるためのファイルなので、開発中等でファイルが存在して無くてもゴーストの起動はできます。

詳しく→Ukadoc Install.txt設定

thumbnail.png

ゴーストのサムネイル画像です。省略可。
右クリックメニューのゴースト切り替え等で表示されます。

  • 使用可能な画像形式はpngもしくはjpg。
  • pngをpnrにリネームすると画像左上の1ドット(座標0,0)と同色が透過されます。

developer_options.txt

SSPでupdates2.dau や narアーカイブを作成する時に、含めたくないファイルを指定するためのファイルです。省略可。
ベースウェアSSP専用。

詳しく→Ukadoc

delete.txt

いらないファイルを消去するためのファイル。省略可。
作者の開発環境で不要になったファイルを消しても、ユーザの環境には不要ファイルが残り続けます。
ユーザの環境でもファイルを消すための設定です。

1行につき1つ、ファイルを記述します。

ghost\master\dicxx_NoUse.txt
shell\master\surface100.pna

上記のように書くと、ghost/masterフォルダにあるdicxx_NoUse.txtと、shell/masterフォルダにあるsurface100.pnaがユーザの環境から削除されます。
削除はゴーストの起動時とネットワーク更新時に毎回実行されます。
delete.txtに書いたファイルがupdates2.dauにも記述されていると毎回ダウンロードしては消すという動作になるので注意しましょう。
(この場合、SSPが警告を出してきます)

詳しく→Ukadoc

update2.dau

ネットワーク更新の受信ファイル照合用ファイル。
ネットワーク更新でゴーストのアップデート配信する場合にサーバーに置いておきます、 ネットワーク更新したゴーストのフォルダに入ってたりします。

  • このファイルが無くてもゴーストは動作します。
  • ベースウェアの機能で作成できます。
  • ネットワーク更新対応しないなら不要です。
  • ゴースト配布用narファイルには入れなくてもかまいませんが、あるとベースウェアの作業量が少し減ります。特にファイル数が多い場合には有効。

descript.txt (ghost¥master¥)

ゴーストの名称等を記述します。必須ファイル

  • ベースウェアがそのゴーストを認識するために必須のファイルです。
  • ここに記述したゴースト名などが、切り替え時などで実効力を帯びます。

詳しく→Ukadoc ゴースト設定

○○.ico

アイコン画像ファイル。省略可。
これを用意し、descript.txtにicon設定の定義を記述することで、タスクトレイ用のアイコンとして使われます。

  • タスクトレイアイコンに独自アイコンを使いたい場合に同梱します。
  • 逆に独自アイコンを使用しない場合は、ファイルと共にiconの定義も削除して下さい。

里々特有のファイル

主に里々ゴーストだけが持つ特有のファイル群です。

satori.dll

伺かの仕様における「栞」であり、里々の本体です。必須ファイル
栞は、様々な辞書ファイルとベースウェアを仲介する、ゴーストの心臓部になります。

satori_license.txt

里々のライセンスが記載されている文書です。必須ファイル

  • このファイルが無くてもゴーストは動作しますが、ライセンス上必ず同梱して下さい。

satori_conf.txt

変数特殊変数の初期値設定、SAORI使用時の定義を記述するファイル。

  • このファイルが無くてもゴーストは動作しますが、通常ゴーストであればまず必要になります。
  • replace.txtによる辞書置き換え対象ファイル。

変数の初期値設定

ゴースト起動時に変数特殊変数へ初期値を与えたい時に記述します。
初期値が読み込まれるとゴースト終了時に変数の値は satori_savedata.txt に保存され、次回起動時からは satori_savedata.txt の値が優先されます。(初期値は1回だけ参照される事になります。)

  • 「*初期化」行以降にエントリーを記述。
  • 変数の使用時に必ず必要なわけではありません。
  • 変数を削除し、satori_savedata.txt に変数の値が書き込まれなくなると、また satori_conf.txt の初期値が適用されます。
  • 既に変数を使用していて satori_savedata.txt に変数の値がある状況で、satori_conf.txt にエントリを追記しても参照されません。
  • 動的に値を変更する必要が無い特殊変数等は、このファイルでのみ値を設定しておけば良いです。

*初期化
$喋り間隔【タブ】180秒
$喋り間隔誤差【タブ】10%
  • 補足
    上記にもある様に satori_conf.txt で設定した変数の初期値は、ゴーストを起動して初期値が読み込まれると、終了時に satori_savedata.txt に保存され、次回起動以降は satori_savedata.txt の値の方が優先されるので、ゴースト起動後は satori_conf.txt の初期値だけ変えてもゴーストに反映されません。
    ゴースト開発中の場合は、一旦ゴーストを終了し satori_conf.txt と satori_savedata.txt 両方の変数の値を書き換えるか、セーブデータが不要であれば satori_savedata.txt と satori_savebackup.txt のファイル自体を削除して、ゴーストを起動する、といった手段で値をゴーストに反映させます。
    SSPではゴーストキャッシュがあるため、ゴーストを2体起動しながら開発していると開発中のゴーストだけを再起動させても sator_savedata.txt からでなくキャッシュから変数の値を読み込んでしまうのでSSPのメニューから「機能」の「ゴーストキャッシュ開放」をしてやるか、SSP自体を再起動して下さい。

    ユーザーに配布してしまったゴーストの初期値変更する場合は、起動イベントの中で値を設定するか、終了イベントの中で変数を削除し毎回初期値を読み込ませるかして下さい。

SAORI使用時の定義

使用するSAORIを定義します。

  • 「@SAORI」行以降にエントリーを記述。
  • SAORIごとに1件ではなく引数別に登録出来る。
  • SAORI-basic も区別せずに登録出来る。
  • ゴースト「Rポストと狛犬」では fill_desktopと ssuが最初から定義されています。
  • 定義されているSAORIが存在しないと、ゴースト起動時に「プラグインが存在しません」エラーが出ます。

@SAORI
fill_desktop,saori/fill_desktop.dll
fill_red,saori/fill_dektop.dll,255,0,0
calc,saori/ssu.dll,calc

詳しく→SAORI

characters.ini

キャラクター設定をするファイルです。省略可。

  • このファイルを作ると[名前の頭文字]:でスコープ切り替えが可能になります。
  • ゴースト「ポストと狛犬」には入ってません。

3キャラ以上いる場合には有効ですが、2キャラなら「:」で切り替えが出来るためあまり使われません。

[0]
popular-name=ポスト
initial-letter=ポ
base-surface=0

[1]
popular-name=狛犬
initial-letter=こ
base-surface=10

[2]
popular-name=ちくわ大明神
initial-letter=ち
base-surface=200

例えば、「ポストと狛犬」のフォルダにこのように書いたファイルを置いておくと、トークで以下のような書き方が可能になります。

*
ポ:今日もいい天気だなあ
ち:ちくわ大明神
こ:そうだな、お前の頭の中を見ているようだ
ポ:ちょっと待って今の誰

この時、「ポ:」は「\0」へ、「こ:」は「\1」、「ち:」は「\p[2]」へ変換されます。

詳しく→駄でべ レゴキチ/里々まとめ の characters.ini の項を参照

dic○○.txt

トークから栞リソースまで全てを記述します。
いわゆる「辞書ファイル」と呼ばれます。

  • ファイル名は dicで始まる .txtファイルです(例:dic01_Base.txt)、この範囲でなら自由なファイル名を作成することができます、○○の部分に日本語も使えます。
  • ファイル数に制限はありません。
  • 辞書ファイルが一つもなくてもゴーストは起動しますが、通常ゴーストであればまず必須になります。
  • 辞書内の最初の までの行は が無くてもコメントとして扱われます。
  • ghost¥masterフォルダのサブフォルダにある辞書ファイルは通常参照されません、特殊変数$辞書フォルダを使うと ghost¥masterフォルダの辞書ファイルは参照されなくなり、指定したフォルダの辞書ファイルを参照する事が出来ます。
  • ゴースト「ポストと狛犬」同梱の辞書ファイルはどれを削除しても良く、自分のゴーストに必要なものだけを選び書き換えることが出来ます。
    ただし「ネットワーク更新」「時刻合わせ」などトークを記述しないと実行できない機能もある。(因みに時刻合わせは時刻合わせイベント内に「¥6」を入れないと実際に時刻修正されないので注意)
  • どのトークをどの名前の辞書ファイルに記述しても良い、『交代トークは「dic04_Change.txt」に書かないといけない』というようなルールは無い。
  • replace.txtによる辞書置き換え対象ファイル。

dicAnchor○○.txt

自動アンカー用辞書ファイル。省略可。

  • ファイル名は dicAnchor で始まる .txtファイルです。
  • この辞書内のトーク名がアンカー対象文字列となり、そのトークがアンカーを踏んだ時に表示されるトークになります。
  • replace.txtによる辞書置き換え対象ファイル。
  • ゴースト「ポストと狛犬」には入ってません。

詳しく→アンカー
関連特殊変数自動アンカー

replace.txt

辞書ファイル置換文字列の定義ファイル。省略可。

書式

置換する文字列【タブ】置換後の文字列

   ※この書式の【タブ】は必ず実際のTabキーを押して入力して下さい。

  • 辞書ファイルを読み込み時に内容を置換します。辞書ファイルの時点で里々書式として成立してなくてもこの読み込み時点で置換し成立させる様に出来るわけです。
  • 辞書ファイル(dic○○.txt)だけではなく、satori_conf.txtや satori_save.txtも対象です。

例えばカッコを含んだものを置き換えたりして表記を楽に出来ます。

(赤)【タブ】(fill_desktop,255,0,0)

また、callを省略してユーザ定義関数っぽくすることも出来ます。

(ほげ,【タブ】(call,ほげ,
(ほげ、【タブ】(call、ほげ、

本wikiに限らず、タブ文字はけっこう多用されるので、下記の記述は入れておくと良いでしょう。

【タブ】		

見えづらいですが"【タブ】"の右にはタブが2つあります。この"【タブ】"はそのまま4文字の文字列としての意味です。

詳しく→replace.txtとreplace_after.txt

replace_after.txt

トーク置換文字列の定義ファイル。省略可。

書式

置換する文字列【タブ】置換後の文字列

   ※この書式の【タブ】は必ず実際のTabキーを押して入力して下さい。

  • トークが表示される直前、変数や関数等の()が展開された後のトーク文字列を置き換えます。

replace.txtと同じく、辞書に書いた内容を置き換えます。
違うのは、本体にさくらスクリプトを返す直前、つまり「しゃべる直前」に置き換えること。
例えば……

変数(ゴースト名)に”ととたん”が入っていた場合、展開されて以下のようになってしまいます。

:(ゴースト名)さん、またねー
ととたんさん、またねー

こうなるのを防ぐために、replace_after.txtに以下を記述しておきます。

たんさん【タブ】たん

replace.txtだと、まだ括弧が展開されてないので「たんさん」になっておらず、置き換えが効かないわけです。
逆に、括弧を含むものはreplace_after.txtだと既に展開されており、手遅れなわけです。

括弧の展開が影響しない場合は、どっちでもほとんど同じです。
あえて違いを述べると以下ですが、よっぽど容量が増えない限りは、違いはないでしょう。

  • replace.txtは辞書読み込み時に行うため、辞書ファイルが多かったり、記述が多かったりすると、ゴーストの起動に時間がかかる
  • replace_after.txtの場合、トークのたびに実行されるため、量が多いとカクついたりする可能性がある

詳しく→replace.txtとreplace_after.txt

satori_savedata.txt

いわゆるセーブデータと呼ばれるファイルで、変数が保存されます。
ゴースト配布ファイル作成時は削除して下さい

*セーブデータ
$喋り間隔【タブ】180秒
$喋り間隔誤差【タブ】10%
  • 里々が自動生成するので事前にファイルを作っておく必要はありません。
  • ゴースト終了時に変数名と値が書き込まれます。
  • 特殊変数で、任意のタイミングでセーブする$手動セーブや、定期的にセーブする$自動セーブ間隔を設定出来ます。
  • ゴースト起動時に読み込まれます、satori_conf.txt に変数の初期値設定がある場合でも、satori_savedata.txt の値が優先されます。
  • SSPで narファイルを作成時は自動で削除してくれます。
  • replace.txtによる辞書置き換え対象ファイル。

参考→セーブデータ

satori_savebackup.txt

satori_savedata.txtの一世代前バックアップとして作られるファイルです。
上記のsatori_savedata.txtが無く、satori_savebackup.txtのみがある場合、satori_savebackup.txtをセーブデータとして読み込みます。
ゴースト配布ファイル作成時は削除して下さい

  • 里々が自動生成するので事前にファイルを作っておく必要はありません。

参考→セーブデータ

satorite.exe , satorite.txt , satorite.dat

トークのテストをしたりできる補助ツールです。
里々形式で会話を書いて、それを起動中のゴーストに(SSTPで)喋らせることができます。
里々による「さくらスクリプト」の変換結果を見ることもできます。
詳しくは、satorite.txtを読んでください。

  • テスト用ですのでゴースト配布ファイル作成時は削除して下さい。

使い方→ゴースト作成入門-里々編-(深瀬氏):さとりての使い方

れしば.exe , れしば.txt

里々の動作ビューワです。
ゴースト起動前にこれを起動しておくと、satori.dllの動作を逐一見ることができます。
詳しくは、れしば.txtを読んでください。

  • テスト用ですのでゴースト配布ファイル作成時は削除して下さい。

関連→特殊変数.れしば関係, れしばの使い方

ssu.dll

ゴースト「Rポストと狛犬」に標準装備されているSAORIです。
現在ではsatori.dllに統合されたため、不要になりました。
クラウド型のファイアウォールにはウィルス扱いされることが多いため、消してしまったほうが良いかもしれません。
ただし、統合前の古いsatori.dllには必要です。
「SWポストと狛犬」では最初から削除済です。

関連→SAORI, 外部関数/ssu

fill_desktop.dll

ゴースト「Rポストと狛犬」にサンプルとして入っているSAORIです。省略可。
削除する場合は satori_conf.txt の次の定義も削除して下さい。

fill_desktop,saori/fill_desktop.dll
fill_red,saori/fill_desktop.dll,255,0,0

「SWポストと狛犬」では最初から削除済です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-09 (火) 06:29:16 (199d)