特殊変数の一覧。
「$」を使うため便宜上こう呼んでいますが、変数とは全く別物です。
内容は、里々のシステム設定と、リロードなどのコマンド命令の二種類に分かれます。
情報取得変数と同じく、一覧にある名前は変数の名前に使うべきではありません。

設定に関わる特殊変数は、そのまま()で呼び出す事もできます。
デフォルトサーフェスタイマなど、設定された値の確認に有用です。

最新の更新情報が載っています→里々整備班カスタム-更新履歴




コマンド型

記述により実行されるタイプの特殊変数。
基本的に「$」を使った変数処理と同じく、記述された行に処理がきたタイミングで実行されます。

$Value○

コミュニケートを実行するコマンド。
Value0にコミュニケートを送りたいゴースト名を入れます。
実行時にそのゴーストが同時起動中であればコミュニケートが送信されます。
以下例示。

$Value0【タブ】Emily

とすると、(Emilyが同時に起動していれば)Emilyに話しかけます。
要するにと同じ効果ですが、こちらはさらに$Value1以降を設定することで、追加情報を相手に送ることができます。
(受け取る相手は、OnCommunicateのReference1以降で送られた情報を参照できます)

コミュニケート送信キャンセル

$Value0【タブ】Emily

とした後、

$Value0【タブ】

と上書きすることでコミュニケート送信をキャンセルが可能になりました。
掲示板にあった要望のようなので、おそらくこの書き方。

$教わること

なにか値を入れると、teachboxを開きます。
\![open,teachbox]と直接書くのとほぼ同じです。好みで使いましょう。
詳しく→OnTeach

$辞書フォルダ

$辞書フォルダ【タブ】フォルダ名

使用する辞書のフォルダを変更するコマンドです。
ただし他のコマンド型特殊変数と異なり、指定した値はsatori_savedata.txtに保存され、次回起動時にも使われます。
主に特殊変数「サーフェス加算値」と組み合わせ、異なるモードや人格の表現に使用されます。

指定する対象は、ghost/master直下のフォルダです。
値はカンマ「,」で区切ることで複数のフォルダを同時に指定もできます。
値にピリオド「.」を指定すると、初期状態(masterフォルダのみ)に戻ります。
辞書フォルダ変更時は一度辞書を読み直すため、セーブが実行され、自動的に生成される(起動回数)が増えることに注意してください。

詳しい例文はマルチキャラクタ・多重人格へ。

$辞書リロード

辞書をリロードします。

$辞書リロード【タブ】実行 

これによって一度辞書を読み直すため、自動的に生成される(起動回数)が増えることに注意してください。

$手動セーブ

値の代入が行われた時点で、現在の変数の状態をsatori_savedata.txtに保存します。

$手動セーブ【タブ】実行 

セーブデータ

関連→セーブデータ

$自動セーブ間隔

$自動セーブ間隔【タブ】600

指定した時間おきに自動でセーブを実行します。単位は秒です。
0を指定すると無効になります。
初期値は未設定、つまり無効です。

$セーブデータ暗号化

終了時に出力されるセーブデータが暗号化されます。
もちろん里々は読めるので、暗号化してもしなくても動作に変わりはありません。
データを単純にバイト単位(≠文字単位)で並び替えるだけであること、暗号化/復号化を行う里々のソースコードも公開されていることから、本気で解析しようと思えば比較的簡単に読めます。
ただ、テキストエディタでは読めなくなるため、「読まれたくない」という意思表示として使えるでしょう。

$セーブデータ暗号化【タブ】有効  

れしば

$Log

「有効」を代入すると、れしばへの送信が有効になります。 それ以外を代入すると無効になります。

$RequestLog

設定値は $Log と同じです。
本体からのリクエストの内容をれしばに送信するようになります。

$ResponseLog

設定値は $Log と同じです。
本体からのレスポンスの内容をれしばに送信するようになります。

$OperationLog

設定値は $Log と同じです。
リクエストとレスポンス以外のログの送信を有効にします。

スコープ切換

$スコープ切り換え時

」により¥0と¥1のスコープが切り替わったときに挿入されるスクリプトを記述します。

ゴースト「ポストと狛犬」ではsatori_conf.txtで¥n[half]が設定されています。

$スコープ切り換え時【タブ】\n[half]

$さくらスクリプトによるスコープ切り換え時

「$スコープ切り換え時」のさくらスクリプト版。
¥0,¥1,¥h,¥uが対象です。デフォルトで設定なし。
改行せずにキャラを切り替える用途で¥0,¥1,¥h,¥uが使えます。
」と全く同じ動作にしたい時は「$スコープ切り換え時」と同じ値を設定してください。(デフォルトのままなら¥n[half])

$さくらスクリプトによるスコープ切り換え時【タブ】\n[half]

タイマ

$○タイマ

代入した値の時間後(単位は秒)、○で指定した名前のイベントトークを実行します。

*
$テストトークタイマ【タブ】5
:5秒後に「*テストトーク」が呼び出されるよ。

*テストトーク
:ほらね?

さらに詳しく→カウント・タイマ

$全タイマ解除

全てのタイマを解除する。
個別に解除する場合は$○タイマ解除

$全タイマ解除【タブ】実行

トーク予約

$次から○回目のトーク

○で指定したランダムトークの回数後のトークを指定します。

*
:明日は買い物に行かないとね。
:冷蔵庫カラやからね。
$次から5回目のトーク【タブ】明日の予定
*明日の予定
:あたし、明日何するって言ったっけ?
:……買い物や。 

$次のトーク

次に来るトークを指定する。

*
:安子さんの好きなものってなんだっけ?
:えーっと、確か……。
$次のトーク【タブ】安子さん
*安子さん
思い出した、あんぱんや!
:そうそう、それそれ。

$トーク予約のキャンセル

指定したトークの予約をキャンセルする。
「*」を代入することで全ての予約をキャンセルできる。

$トーク予約のキャンセル【タブ】*

サーフェス

関連→サーフェス

$デフォルトサーフェス○

変数「会話時サーフェス戻し」が有効である場合に挿入するサーフェス番号を指定します。
○はスコープID番号、メインキャラ(¥0)側は0、サブキャラ(¥1)側は1になります(¥p[2]側以降もそのまま2、3、4、、でOK)。

$デフォルトサーフェス0【タブ】0
$デフォルトサーフェス1【タブ】10 

サーフェス加算値と同時使用する場合、必ずサーフェス加算値より後に書いてください。

$会話時サーフェス戻し

トークの先頭で変数「デフォルトサーフェス○」に設定されるサーフェイスを表示する機能の切替をします。
この機能を有効にすると、トーク後に一定時間経過するとデフォルトサーフェイスに戻る機能も有効になります。

$会話時サーフェス戻し【タブ】有効
$会話時サーフェス戻し【タブ】無効
$会話時サーフェス戻し【タブ】強制

「有効」は、トークの先頭で任意のサーフェイス指定が無い場合にデフォルトサーフェイスを表示します。
起動時に里々内部でトークの先頭に任意のサーフェイス指定があるかの判定に失敗した場合は、ゴーストが表示されずバルーンだけ表示とかになるケースがあるみたいです。よくわからなくなったら任意にサーフェイス指定して下さい。

「強制」は、トークの先頭で必ずデフォルトサーフェイスを表示します。

この機能によって起こる問題についてはサーフェスが勝手に変化して困る!を参照のこと。

$今回は会話時サーフェス戻し

$今回は会話時サーフェス戻し【タブ】無効
$今回は会話時サーフェス戻し【タブ】有効
$今回は会話時サーフェス戻し【タブ】強制

里々全体の設定ではなく、トークを出力する際に1回だけサーフェス戻し設定を一時的に変更する機能。

$サーフェス加算値○

代入した値の分、表示されるサーフェスの番号をずらします。
○はスコープID番号、メインキャラ(¥0)側は0、サブキャラ(¥1)側は1になります。

$サーフェス加算値0【タブ】100
$サーフェス加算値1【タブ】200 

上記の設定がされていると、(数値)でサーフェスを指定したときのサーフェスが数値の分だけずれます。

*
:(0)ちゃんと変わった?#→サーフェス0でなく、100を加算したサーフェス100が表示される
:(10)さあな。    #→サーフェス10でなく、200を加算したサーフェス210が表示される

デフォルトサーフェスと同時使用する場合、必ずデフォルトサーフェスより前に書いてください。

ウェイト

関連→ウェイト

$自動挿入ウェイトタイプ

$自動挿入ウェイトタイプ【タブ】無効
$自動挿入ウェイトタイプ【タブ】里々
$自動挿入ウェイトタイプ【タブ】一般 
  • 「無効」自動挿入全て無効
  • 「里々」従来の処理
  • 「一般」上記の「里々」に比べてかなり長め 初期値(未設定値)は「里々」。 「里々」と「一般」は、長い台詞を喋るとそれにあわせてウェイトを長めに入れる。
    \w1などの簡易表記でなく、\_w[]の精密ウェイトが挿入され、ウェイト値にランダムな揺らぎがある。
    「無効」の場合は上記のウェイトが挿入されない。
    ウェイトが自動挿入されるのは、スコープ切り替え時、「、」の表示時、「。」の表示時。
    「!」や「?」や「…」でウェイトを入れたい場合は、自分でウェイトをいれよう

$自動挿入ウェイトの倍率

$自動挿入ウェイトの倍率【タブ】100

自動的に挿入されるウェイトの大きさを記述する。
ある程度の大きさにしておけば、トークのウェイトを全て自動挿入任せに出来る。

喋り

$喋り間隔

$喋り間隔【タブ】180

自発的にランダムトークする間隔を指定する(単位は秒)。
0秒で自発的に喋らなくなる。
ランダムトークまでの時間カウントは、前のトークがバルーンに表示し終わってから開始する。

$喋り間隔誤差

$喋り間隔誤差【タブ】10

自発的にランダムトークする間隔の誤差を指定する(単位は%)。 喋り間隔が180で喋り間隔誤差が10なら、喋り終わってから162〜198秒後にトークする。

$今回は喋らない

$今回は喋らない【タブ】有効

「有効」を代入すると何をしようが常に204 No Contentを返す。
名前の通り、何か文字を表示していても表示されなくなる。
一度SHIORI呼び出しが来るごとに「無効」に戻るため必要な時は毎回設定する。
mciaudior.dllで*OnMAAPlayFinishが呼ばれた時のバルーン閉じ防止等に。

$見切れてても喋る

$見切れてても喋る【タブ】有効

見切れ状態でも*OnTalkを呼ぶ(=見切れ状態でもランダムトークをしゃべる)

なでられ

$トーク中のなでられ反応

「有効」ならトーク中の撫でにも反応し、トークを中断して無で反応を喋るようになる。

$トーク中のなでられ反応【タブ】有効
$トーク中のなでられ反応【タブ】無効

$なでられ持続秒数

指定した秒数撫でが止まるとリセットされる。デフォルトで2。

$なでられ持続秒数【タブ】2

$なでられ反応回数

撫でに対する感度。デフォルトで60。
数値を上げると鈍感に。

$なでられ反応回数【タブ】60

$なでられ時実行イベント

トーク「*なでられ時の反応」をなでられ反応時に実行させるか。
文字列「なでられ時の反応」で実行。

$なでられ時実行イベント【タブ】なでられ時の反応

自動アンカー

関連→アンカー

$自動アンカー

$自動アンカー=有効 
$自動アンカー=無効 

自動アンカー辞書の有効・無効制御を行う。

$今回は自動アンカー

$今回は自動アンカー=有効
$今回は自動アンカー=無効

$自動アンカー のトーク1回のみ版
1トーク出力が終わったら、$自動アンカー の設定に戻ります。
ゴースト内のストーリーや切り替えのトークなど、予想外の中断が起こると困る場合に設定しておくと良いでしょう。

未分類

$引数区切り追加 / $引数区切り削除

$引数区切り追加【タブ】(追加したい区切り文字)
$引数区切り削除【タブ】(削除したい区切り文字)

区切るのに使う文字をカスタマイズすることができます。
ちなみに初期状態では下記が実行された状態。

$引数区切り追加【タブ】、
$引数区切り追加【タブ】、
$引数区切り追加【タブ】,
$引数区切り追加【タブ】,
$引数区切り追加【タブ】(sprintf,%c,1)

つまり、これらを削除してしまうこともできます。ただし引数区切りの設定は保存されません。*OnSatoriLoadで設定するか、あるいは一時的に利用して戻すような感じで。 (http://yagi.xrea.jp/SatoriSpecWiki/pukiwiki.php?121 より引用)

「,」を削除するとSAORIを(sync〜)で実行できなくなる。

$文「○」の重複回避 / $単語群「○」の重複回避

里々では、同名のトークまたは単語群はランダムで選ばれます。
ただし、ランダムといっても全部が無作為ではなく、「一度選ばれた候補は他の候補が出揃うまで選ばれない」という重複回避があらかじめ設定されています。
この特殊変数を使うと、このランダムの方式を個別に変える事ができます。

$文「○」の重複回避【タブ】[方式]、[期間]
$単語群「○」の重複回避【タブ】[方式]、[期間]

○には設定を変更したいトーク名か単語群名が入ります。
ここに「*」を指定すると、全てのトーク及び単語群が対象になります。
方式と期間の間にある「、」は引数区切りと違い、他の記号での代用はできません。注意して下さい。

  • [方式]
    • 無効 ランダムです。同じものが連続して選ばれることもあります。
    • 直前 ランダムですが、同じものを2回連続で選ぶことだけは回避します。
    • 有効 ランダムですが、全トークor全単語を一巡するまで同じものを選びません。
    • 降順 最初から後ろに向かって順番に選択していきます。一巡したら戻ります。
    • 昇順 最後尾から前に向かって順番に選択していきます。一巡したら戻ります。
  • [期間]
    • 起動中 終了するまで設定が適用されます。
    • トーク中 1回のトーク中でだけ設定が適用されます。次のトークでは再度選択をやり直します(この時の再選択の挙動は方式によって異なります)。

方式を省略した(何も指定しない)場合は「無効」、期間を省略した場合は「起動中」と見なされます。また、方式が「無効」の場合は期間の設定は無意味になります。

重複回避の指定はOnSatoriLoadで行う事が推奨されています。

*OnSatoriLoad
$文「*」の重複回避【タブ】有効、起動中
$単語群「くだもの」の重複回避【タブ】有効、トーク中

また、何も指定していない状態では、以下のような設定と同じ挙動となります。

$文「*」の重複回避【タブ】有効
$単語群「*」の重複回避【タブ】有効、トーク中

$スクリプトの一番頭

里々はスクリプトの先頭に自動でサーフェス指定等が挿入されるため、¥Cなどの「冒頭にないと効果がないさくらスクリプト」が使用できませんでした。そこで考案されたのがこのコマンドです。
この"$スクリプトの一番頭"に代入した内容はスクリプトの先頭に挿入されます。また、一度使用されると内容が消えて初期化されるのも特徴です。
簡単な例

*
$スクリプトの一番頭【タブ】\C
:さっきの続きだよ。

上記は、バルーンに直前のトークの内容が残ったまま、追記の形で「さっきの続きだよ。」というセリフが表示されます。

選択肢をクリックするとバルーンにトークが残ったままブラウザが開く

*
:選んでね。
_◯google
_◯yahoo

*◯google
$スクリプトの一番頭【タブ】\C
\j[https://www.google.co.jp/]

$呼び出し回数制限 / $ジャンプ回数制限

無限ループの防止用の機能。
呼び出し回数制限は、call関数の呼び出し回数の制限。
call関数からさらにcall関数を呼び、そのcall関数からさらに・・・と言った場合の呼び出し回数制限。
デフォルトは200。
ジャンプ回数制限は、スクリプト1回でのジャンプの回数の制限。
デフォルトは20000。ジャンプ回数制限+1回目のジャンプ実行時、そこで処理を中断する。

$BalloonOffset○

バルーン位置を調整します。
○はスコープID番号で、¥0側は0、¥1側は1になります。
両方に値が設定されていないと動きません。

$BalloonOffset0【タブ】X座標補正値,Y座標補正値
$BalloonOffset1【タブ】X座標補正値,Y座標補正値

詳しくはBalloonOffsetを参照してください。

$SAORI引数の計算

SAORIを使用する際の引数計算の機能切替をします。

$SAORI引数の計算【タブ】有効
$SAORI引数の計算【タブ】自動
$SAORI引数の計算【タブ】無効 

有効だとすべてを計算式とみなして計算する。
自動だと頭が数値の場合だけ計算する。
無効だと計算式でも文字列扱い。
初期値は「自動」。

$SAORI引数の計算【タブ】無効
(set,変数,2+3)
(変数)#→2+3
(set,変数,!1)
(変数)#→!1
$SAORI引数の計算【タブ】自動
(set,変数,2+3)
(変数)#→5
(set,変数,!1)
(変数)#→!1
$SAORI引数の計算【タブ】有効
(set,変数,2+3)
(変数)#→5
(set,変数,!1)
(変数)#→0

$デバッグ

$デバッグ【タブ】有効

有効 にしないとShioriEchoが動作しません。

$コミュニケートの検索方法

コミュニケートボックスや他のゴーストから話しかけられたときの、コミュニケートの検索方法を設定します。

$コミュニケートの検索方法【タブ】里々
$コミュニケートの検索方法【タブ】合計文字数

デフォルトは「里々」です。 解説→コミュニケート

$NOTIFYの自動保存

SSPから送信されてくるNOTIFY event(SHIORI Eventリストの下部参照)の値を自動保存し、好きなタイミングで使えるようにします。
SSP以外のベースウェアでは不完全な動作になります。
初期値はなく、設定しない限り無効です。

$NOTIFYの自動保存【タブ】有効

どのような情報が使えるかは情報取得変数を確認してください。

注意
前述したようにこの特殊変数は最初は無効になっています。
しかし、上記のNOTIFY Eventはほとんどが起動直後に通知されるため、この機能を有効にしただけでは、里々がまだ情報を保存していません。
satori_conf.txtの*初期化で設定するとよいでしょう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-31 (火) 06:34:28 (24d)